グローバル化の流れに欠かせない翻訳会社の需要は高まる

会議

翻訳会社は分野によって違ってくる

翻訳会社の選び方は、その業界によって違います。では、各業界に合った翻訳会社を見ていきましょう。
①技術。技術翻訳とは、工業製品から医療、化学、ITなどの分野の技術的文書(取扱説明書やマニュアルなど)を翻訳することをいいます。ただ、それには高い専門知識と豊富な経験が必要となります。特に、コンピュータ、通信、ネットワークなどに関しては、ここ最近競争が劇化しています。選ぶポイントとしては、その会社のサービスに注目しましょう。初めての依頼者に対して無料トライアルを実施しているか・・・などです。
②法律。法律翻訳は、契約書や裁判資料などを翻訳します。法律翻訳の場合は契約書だけではなく特許申請や商標登録などの法務的な申請書類なども取り扱います。選ぶポイントとしては、法律翻訳をする際に必須となる翻訳の知識と実績がしっかりしてている会社に依頼しましょう。
③金融。金融翻訳は、銀行・保険・証券などで必要とされる翻訳のことを言います。金融関係の文章は、専門用語も多く、銀行・保険・証券の各分野において、それぞれに特有の専門用語や言い回しなどがあります。選ぶポイントとしては、金融業界だけではなく銀行、証券などに分けて選びましょう。

個人でも気軽に依頼出来る翻訳会社

個人輸入で家電やゲームを海外から輸入する際、その段取りでその国の言葉を訳す必要が出てきたり、ま…

MORE ▶

中小零細企業こそ翻訳会社を利用した方がいい

中小零細企業が一発逆転をできるとすれば、やはり海外から未知なるものを輸入販売するということでし…

MORE ▶

翻訳会社はリスクヘッジに利用すべきです

海外から物を持ってきて売ろうとする場合、ネックになってくるのが言語の問題ですよね。特に取扱説明…

MORE ▶